ほっこり特製・梅の石けん

7月25日のワークショップで作る「梅の石けん」の試作。

地場屋ほっこり桜カフェ特製の梅シロップは、厳選された梅に黒糖、黒酢などで作られて

身体によさそうな成分が詰まってます。

ume04

石けんにすると、型出しのときはほんのりピンク色。

ume

乾燥後は、まさに「熟成」という感じの深みがでてきました。

ume01

石けんに入れる梅シロップの量は、ほんの少し、小さじ1杯ですが

同じオイルで作ったプレーンの石けんと比べると色が全然違います。

ume03

自家製梅酒で作った石けんと比べても、違うんですよね。

左から、特製梅シロップ、梅酒、プレーン。

ume05

身体によさそうな梅エキス、たくさん入れたくなるけれど、入れすぎるとべたつく石けんになります。

分量を変えて試作の結果、オイル量250gに対してオプションは小さじ1がちょうどいい。

 

我が家の定番はハーブの石けんですが、こちらもハーブの抽出方法、量などを変えて何度も試作を繰り返し中。

左から、プレーン、カレンデュラ、ローズヒップ、ローズマリー。

harb

ハーブによって、抽出法やベストな量が違う気がします。

同じレシピで作っても、季節によっても出来が違う。

二度と同じ石けんは作れないところが、また楽しいんですよね~。

 

☆7月25日(月)地場屋ほっこりdeワークショップ ご予約受付中です☆

ご予約お待ちしております☆

今日もご訪問ありがとうございます。
ぽちっと応援いただけると嬉しいです。

先頭に戻る