カレンデュラとジャスミンのチンキ剤

ハーブの成分を濃く抽出したいときは、チンキ剤を作ってます。

アルコールに浸すと、水溶性、脂溶性両方の成分を抽出できて、長期保存もできます。

我が家の定番のカレンデュラと

IMG_4811 (800x533)

初挑戦のジャスミン。

IMG_4809 (800x533)

これから2週間、毎日ふりふりして育てます。

チンキ剤を石けんに使うとき、オイルと合わせてから湯せんでアルコールを飛ばしてますが

完全にアルコールを飛ばすことはできないそうです。

できれば、石けんにアルコールは残したくないなぁ~と思っていたところ

グリセリンでハーブの抽出ができることを知り、グリセリンチンキを作ってみました。

IMG_4818 (800x533)

IMG_4819 (800x533)

左がエタノールで右がグリセリン。

グリセリンチンキは、ハーブが浮いてしまいます。

レシピが悪いのか、コツが必要なのか、

どちらにしても、これはダメだなぁ~。水も入っているので酸化も心配。

これならば冷浸法でオイルに漬け込んだ方がいいかも。

img-hokkori

今日もご訪問ありがとうございます。
ぽちっと応援いただけると嬉しいです。

先頭に戻る